01. 晴風書道教室の活動 カテゴリ

  • 書と達磨作品展(第四回)   -- 言葉つまんで --

    書と達磨作品展(第四回)   – 言葉つまんで –

    2007年6月1日?3日開催 -北海道新聞 2007年6月2日掲載- -日高報知新聞 2007年6月3日掲載- また、平成18年には、日々の生活で生まれた言葉をエッセイ風に表記し、ポストカードブックを新風舎より発刊するなど、日々を充実させようと努力しています。 北海道の日高は、北の湘南と語られるよう、温暖で降雪量も少なく暮らしやすいと言われている土地柄。お互いに年を重ねながら前進のみ考...

  • 書と達磨作品展(第四回)   -- 着物・帯 --

    書と達磨作品展(第四回)   – 着物・帯 –

    2007年6月1日?3日開催 -北海道新聞 2007年6月2日掲載- -日高報知新聞 2007年6月3日掲載- あれよあれよと思う間に65才。 老令といわれる年令です。 妻も、現代友禅日染会に所属し、大望の「着物」「帯」を展示。...

  • 書と達磨作品展(第四回)   -- 達磨画 --

    書と達磨作品展(第四回)   – 達磨画 –

    2007年6月1日?3日開催 -北海道新聞 2007年6月2日掲載- -日高報知新聞 2007年6月3日掲載- 私は、思いの外、仏教徒らしからぬ一般の暮らし方をしていますが、写仏に興味を持ち、昭和54年、通信講座を1年受講。 その後、平成元年現在の土地に居住してから。「書」「禅画・達磨画」「写仏画」「詩吟」『民謡』と動き回る日々。...

  • 書と達磨作品展(第四回)   -- 禅画・写仏画 --

    書と達磨作品展(第四回)   – 禅画・写仏画 –

    2007年6月1日?3日開催 -北海道新聞 2007年6月2日掲載- -日高報知新聞 2007年6月3日掲載- そして、二人とも、まずまずの健康を保ち、時には意見の違いを乗り越え、「書」以外の分野を皆さんに見ていただくことの喜びを、かみしめている次第です。 今回は、290人もの方々のご来場をいただきました。 次回はいつかと、また悪い虫が起きています。...

  • 書と達磨作品展(第四回)   -- 書 --

    書と達磨作品展(第四回)   – 書 –

    2007年6月1日?3日開催 -北海道新聞 2007年6月2日掲載- -日高報知新聞 2007年6月3日掲載- 夫婦で「書」を学んだのは20代後半。 仕事を続けながら、よく、継続して来たものだとつくづく思います。 今の年令(65才)になって夫婦展が開けることの満足感は、なにものにも変えがたいものと思いました。それも四回目ですよ。...