書道と学校教育

日本では、義務教育の一環に書写が取り入れられ、子供の頃から墨や筆に親しむことができます。

義務教育では

国語科の書写として小学3年生以上の授業では毛筆により指導されることが学習指導要領で定められています。

高等学校では

芸術科に音楽・美術などと並び、書道が選択科目として配置されています。

大学では

教育学部や文学部を置く大学では書道に関する講義を設けています。
特に各県に設置されている教員養成系の教育学部では書写教育・書道教育の研究室が置かれています。
より専門の教育が実施されているんですね。

ところで、

墨の香り。

何か懐かしい気がしませんか?

子供の頃の香りの記憶なんでしょうね。

この記憶を頼りに、子供の頃を懐かしむ、なんてこともできます。

意外と嫌な記憶ではないはずです。

墨の香り
石炭ストーブの匂い
教室のざわめき
先生の怒鳴り声

ほんと、懐かしいです。

晴風書道教室 (01/23) - 03. 書を学ぶ.

コメント

No Comments

コメントの追加

お名前 (必須)

メールアドレス (非公開)(必須)